〒532-0011 大阪市淀川区西中島1-11-23

診療時間

[ 月・火・水・金 ] 10:30~13:00 / 17:00~18:30
[ 木・土 ] 10:30~13:00
休診日 木曜・土曜午後・日・祝

ご予約・お問い合わせは

TEL. 06-6100-2525

メール相談(無料)

ブライダルチェック

  • TOP
  • ブライダルチェック

オプション 基本検査

ブライダルチェック

ブライダル・チェックってご存知ですか?

婚約・結婚を機に、今後の結婚生活や妊娠・出産に支障をきたすような異常がないかどうかを調べる健康診断をブライダル・チェックと言います。
ご自身の健康はもちろんですが、ご夫婦間の感染や母子感染、また胎児の障害を予防する意味からも、ぜひ受けておきたい検査です。できれば、カップルそろって検査を受けられ、データをお互いに交換するのが理想でしょう。

基本検査

血液検査

一般血液検査
貧血や血液疾患がないかどうかを調べます。日本人の若い女性の約40%はすでに鉄欠乏の状態にあるといわれています。妊娠中は赤ちゃんの発育・造血に必要な鉄の需要が増すわけですから、さらに鉄欠乏に拍車がかかることになります。貧血があることがわかれば、食事指導やお薬(鉄剤)の投与をさせていただきます。

血液型(ABO,Rh)検査(血液検査)
赤ちゃんに重症の黄疸を起こすような稀な血液型でないかどうかを調べます。手術時の輸血での事故や、血液型不適合による新生児溶血性疾患などを引き起こす危険があるので、手術や妊娠時には欠かせない検査です。

感染症検査

風疹
風疹ウイルスの免疫(抗体)の有無を調べる検査です。
風疹に免疫がない人が、妊娠初期に風疹にかかると、胎児に感染して、重症になると心臓奇形、聴力障害、白内障、発達障害などの先天性異常が起こることがあります。赤ちゃんを望まれる方は、ぜひ検査を受けて確認しておきましょう。たいていの人では、中学生の時に風疹ワクチンが接種されていますが、予防接種法の改正に伴い、昭和54年4月~62年9月生まれの方は予防接種率が低いため免疫のない女性が多いので注意が必要です。風疹は以前は終生免疫といって一度かかったら二度とかからない病気と考えられてきましたが、最近では抗体価が下がってくることが知られています。
抗体がない場合にはワクチンを接種しますが、抗体ができるまでには約2ヶ月かかりますから、妊娠までに十分な間隔が必要となります。また子供の頃にかかった記憶があっても水疱瘡の間違いだったというケースもあるので気をつけましょう。

花

クラミジア抗体検査(血液検査)
最近若い人を中心に急増しています。男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎として発症しますが、感染初期にははっきりした自覚症状がないのが特徴です。それでも、男性の場合は、2~3週間すると、排尿時に不快感や痛みを感じたり、膿性分泌物がペニスから出たりして、比較的にわかりやすいのですが、女性の場合は、自覚症状がないまま経過し、気がつかないうちに病状が進行したり、パートナーに感染したりすることがありますから、特に注意が必要です。
クラミジア感染症をそのまま放置しておくと、子宮から卵管を通って腹腔内に拡がり、激しい下腹部痛(骨盤腹膜炎)を起こしたり、卵管が詰まって不妊症の原因になったり、妊娠しても子宮外妊娠になってしまったりすることがあります。
検査には、血液検査により抗体(IgA 抗体・IgG 抗体)を証明する方法と、子宮頚管(女性)や尿道(男性)を擦過して局所におけるクラミジア抗原やDNAの存在を証明する方法があります。

梅毒・エイズ
比較的稀な感染症ですが、最近、潜在的な感染者が増えているといわれています。パートナーや赤ちゃんへの感染を防ぐために、感染していないことをチェックしておくことが望まれます。

肝炎ウイルス

B型肝炎ウイルス
B型肝炎ウイルスの感染を調べる検査で、分娩時の母子感染を防ぐためにも欠かせない検査です。ウイルス保持者(キャリア)は日本では現在約300万人いると言われています。日常生活に支障はありませんが、血液などから他人に感染しないように注意が必要です。女性が陽性の場合は、さらに詳しいウイルス検査を行い、赤ちゃんへの感染率を下げるための努力が必要となります。

C型肝炎ウイルス
B型肝炎ウイルスと同様に血液・体液を介して感染しますが、感染力は弱いとされています。ただし、感染者では、高率に慢性肝炎に移行し、初感染から平均20年後に肝硬変へ、30年後には肝癌へと進展してしまいます。B型肝炎ウイルスと違って残念ながらワクチンはありません。活動性のC型肝炎の場合はインターフェロンという特殊なお薬が使用されます。

オプション

産婦人科的診察

子宮癌検診
従来、子宮癌検診は30歳以上の女性が対象とされてきましたが、2004年から厚生労働省は20歳以上に対象年齢を下げ、2年に1回の受診を勧めています。これには、子宮頚癌の発症誘因となるヒトパピローマウイルス(HPV)感染が、性行為感染症の一種として若年層に蔓延してきていることが関係しています。したがって、ブライダル・チェックの目的で産婦人科を受診した際には子宮癌検診も進んで受けられることをお勧めします。

腟分泌物検査
腟分泌物(帯下)を培養することによりカンジダやトリコモナスなどの病原体の有無を検討することができます。最近おりものが増えた、かゆみがある人には必須です。また、培養検査で病原性のある細菌の有無を知ることもできます。

超音波エコー検査
特殊な超音波検査器具を腟内に挿入して、卵巣や子宮などに異常がないかどうかを調べます。この検査によって、卵巣に腫瘍がないかどうか、子宮内膜症によるチョコレート嚢胞などがないかどうか、不妊症の原因となる病状がないかどうかなどを調べます。また、超音波エコー検査では、子宮に子宮筋腫や子宮腺筋症がないかどうか、生まれつきの異常(子宮奇形)がないかどうかも調べることができ、今後の妊娠・分娩に支障をきたす要因がないかどうかが判定されます。

さらに気になるかたへ
当院では赤ちゃんを望んでいるかたには、体温表のつけ方や、夫婦生活の時期のご指導を致しております。また避妊を考えているかたには、低温期は妊娠の可能性がありますから、完全に避妊が必要となります。高温が連続3日続いた翌4日目から次の月経までが、ほぼ安全な期間と考えられますが、基礎体温表からだけでは完全な避妊は難しいので、より確実な避妊法もご指導いたします。(無料)

また結婚式や新婚旅行で月経がその時期に重なりそうな場合はお薬にて月経の開始を変更することが可能です(有料)。

産婦人科的診察

当院では妊娠しようとするかたに葉酸の摂取をお勧めしています。
葉酸はビタミンB群に属し、ブロッコリー・ほうれん草・グリーンアスパラガスなどの野菜に比較的多く含まれています。妊娠初期に葉酸欠乏があると、神経管形成障害により、無脳症・外脳症・二分頭蓋・脳室ヘルニア・二分脊椎などの奇形が増えることが知られているため、厚生労働省は『妊娠を予定している女性は、その1ヶ月位前から食事に加えて、栄養補助食品として1日0.4mgの葉酸を摂ることが望ましい』と勧告しています。